女の2ndステージ★婚活・妊娠・イクメン養成編

◆婚活・妊娠体験談とイクメン養成記◆転職は失敗したけど婚活は大成功でした。生きててよかった!女に生まれてよかった!と人生で今一番楽しんでいます。このあとの結婚生活と人生もずっとそんな風に思えるように、イクメン養成中です。

ハロー赤ちゃん 参加レポ2:イベント概要(2017 2/27、in横浜)【③専業主婦の妊娠生活】

◆2017年2月27日に横浜で開催された初産婦向けのイベント参加レポ◆
◆2記事目、イベント概要です◆

 

赤ちゃん&子育てインフォ|プレママわくわくセミナー ハロー赤ちゃん! 関東

公益財団法人 母子衛生研究会主催の、初産の方限定のイベントです。

妊娠~出産までの情報が聞けます。

 

おみやげ写真付き産婦人科医さんの話の1,3記事目は↓

ハロー赤ちゃん 参加レポ1:おみやげ写真('17 2/27、in横浜)【②専業主婦の妊娠生活】 - 女の2ndステージ★婚活・妊娠・イクメン養成編

ハロー赤ちゃん 参加レポ3:産婦人科医さんの話(2017 2/27、in横浜)【④専業主婦の妊娠生活】 - 女の2ndステージ★婚活・妊娠・イクメン養成編

 

↓↓内容は「続きを読む」から↓↓

続きを読む

ハロー赤ちゃん 参加レポ1:おみやげ写真(2017 2/27、in横浜)【②専業主婦の妊娠生活】

◆2017年2月27日に横浜で開催された初産婦向けのイベントに参加しました!◆
◆おみやげにもらえたものの写真公開します◆


公益財団法人 母子衛生研究会主催の、初産の方限定のイベントです。
妊娠~出産までの情報が聞けます。

参考:赤ちゃん&子育てインフォ|プレママわくわくセミナー ハロー赤ちゃん! 関東

 

ざっくり感想

→コンサートもあり、いい息抜きになりました。
→学資保険、宅配スーパーの検討をしてみようと思えた。
→イベントで企業さんからもらえたサンプルの写真を公開します。

 

人気らしく、すぐに予約が埋まってしまうみたいです。
(企業さんからいろんなサンプルがもらえるから?)
予約開始日に即!予約しました。

 

イベント概要産婦人科医さんの話の2,3記事目は↓

ハロー赤ちゃん 参加レポ2:イベント概要(2017 2/27、in横浜)【③専業主婦の妊娠生活】 - 女の2ndステージ★婚活・妊娠・イクメン養成編

ハロー赤ちゃん 参加レポ3:産婦人科医さんの話(2017 2/27、in横浜)【④専業主婦の妊娠生活】 - 女の2ndステージ★婚活・妊娠・イクメン養成編

 

↓↓企業さんからいろいろもらえたものの写真は「続きを読む」から↓↓  続きを読む

兼業→専業主婦になって変わったこと、楽なこと、困ること…【①専業主婦の妊娠生活】

◆勤めていた2社目の会社を退職しました。◆

◆退社のあと妊娠が分かり、現在は専業主婦(妊婦)です。◆

◆妊婦になって身体的に精神的に混乱しています◆

 

お久しぶりです。

転職活動について書き途中のまま、ブログを放置しておりました。

 

現在 専業主婦 かつ 妊婦 ということで、

つわりやらマイナートラブルはありつつも、

働いていたころよりかなりストレスフリーな生活を送っております。

 

まだ子供が生まれる前で、夫と二人暮らしの専業主婦は非常に楽です…

しかもありがたいことに

夫である おおはる は、

仕事をしているのに!私が専業主婦なのに!

家事に協力的なのです。妊婦をいたわってくれるのです。

ありがたやありがたや。

このままいい夫婦関係を続けてゆきたいです。

 

とはいえALL OKAY! EVERYTHING HAPPY!とはいかず、

①妊婦独特の身体的・精神的制限

②ガツガツ働いていた人がいきなり専業主婦になると陥る混乱

がありました。


↓↓内容は「続きを読む」から↓↓

続きを読む

転職を決意するまでの状況と考えていたこと【⑤結婚が決まってから転職まで】

◆結婚しようと思ったらネックに思えた、会社のいろいろ◆
◆結婚準備・転職活動の時の不安定でグダグダな気持ちと決意◆


転職活動を本格的に始めるまでのグダグタ話は今回まで終わりです!


どのように働くか。仕事をするか。

結局は自分自身の人生設計と意志です。


私は結婚を機に、

 妻、母として家族を大切にしながら働くこと

を重視しました。



当時勤めていた会社は大きな会社だったので福利厚生はバッチリでした。
ホワイトな総合職でも新婚主婦には向かない…?【②結婚が決まってから転職まで】 - 女の2ndステージ



でも配属された部署の仕事内容、

その先に見えてくるキャリアパス



自分の結婚相手のもろもろの状況

今後自分がなってゆきたい家族像



とかみ合いませんでした。



どんなにいい会社でも、大きな会社でも、給料が良くても、

自分の人生に合うか合わないかはとても重要です。



振り返れば、元の会社では以下がネックになっていました。


・就業時間外の飲み会が頻繁にあること

・妊娠して子育てしながら出来そうな仕事が、希望の配属地域にないこと

・今の仕事のまま妊娠や子育ては難しそうなこと

・今後暮らしたい地元に支店などの働く場所がないこと

・やりたいと思える仕事は地方の本社に行かないとないこと



私は、子供が欲しい・子育てにも力と時間を使いたいという思いが強かったので、

結婚相手が運よく地元の人だったなら、

地元で働きたい!

という場所の条件がかなり重要なものになっていました。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラサー主婦へ



このころは結婚が決まったばかりの

ちょっとまだ不安定な時、


しかも彼の1Kのアパートにほぼ入り浸って、

ちっさいベットに無理やり寝て、

自分のアパートを経由して着替えて仕事に行く…みたいな無理をしていました。


落ち着いて考えて自分の意志を固めることができていませんでした。


付き合って半年ほどだった彼にも、

このころ初めて精神的に不安定な部分を晒しました。



身が入っていない自分自身の仕事ぶりにも、


なんとかしなくては

確実に今のままではいけない

そもそも仕事に前向きに取り組みたいのに

どっちつかずの態度ではいられない


と考えました。



仕事中、外出じゃないときは明らかに頻繁にトイレにこもっては、うずくまって悩むんです。

スマホにはいった彼の写真を見て辛さを紛らわせながら…


病んでますね…



もう、

こんなの健康的な仕事の仕方じゃない!

もう転職しかないと自分全体が言っている!


と感じました。


そして

結婚と同時に転職

と全く新しい第二の人生を選択することに決めたのでした。


やっとグダグタ部分終わりました。



ここまで読んでいただきありがとうございます。
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラサー主婦へ

続きを読む

転職するときのNG行動&妊娠・子育てと仕事の両立の不安【④結婚が決まってから転職まで】

◆転職は気持ちと次の転職先が固まるまでは会社に話してはいけない◆
◆いろんな条件を言われて引き留められます。◆


転職は決まるまで上司に相談してはいけません。


相談したら、そりゃ引き留められます。

相談じゃなく事前報告もです。

引き留めにいろんな話をされます。



私の場合は、

つい昇格の話が出たタイミングで後ろめたくて…

転職を考えていることを言ってしまいました。


引き留められて、転職への意志がぶれました。



円満に寿退社をしたかったので、

どう説得していいのかかなり悩みました。


転職したい理由は、

 今の仕事の条件面が理想に合わない

ということで、

それまでの時点で今の仕事に大きな不満はなかったのです。


にほんブログ村 主婦日記ブログ アラサー主婦へ



なので、

 結婚相手の条件=自営業で地元勤務的に、

 結婚後の妊娠・子育てに不安がある

ということを説明しました。



それでもその不安を解消できそうな話をされました。


 妊娠中の仕事への不安(営業職)

  →

 営業事務職は今は派遣がやっているがそれをやってもらえるかもしれないし…

 地方の本社にある営業企画系の仕事を東京の事務所でもできるかもしれないし…

という話でした。


これをうけて、

妊娠もまだなのでもう少し考えてみようかという気になりました…



転職すべきかとすっかり迷ってしまい、

すでに一次面接が通っていたところを断りました。

一旦転職活動をストップです。



ちょうどこのころ、

彼にプロポーズされたばかりで、

入籍準備(各家へのあいさつや顔合わせ)、同居準備と

バタバタしており、判断力がなくなっていました。


まだ直面していない妊娠・子育ての不安という理由だけで、

いまから転職していいものかとも迷いました。


ももうこのころには仕事に全く身が入らなくなっておりました。


ここまで読んでいただきありがとうございます。
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラサー主婦へ

続きを読む

更新再開と結婚が決まってからのあれこれ振り返り

おひさしぶりです!コハルです。


かなりブログ書くのがご無沙汰になっておりました。

 

このブログに100人訪問!とかのメールお知らせが来てようやく思い出しました。
更新してなくても見てくださっている人もいるんですね。ありがとうございます。

 

転職とか結婚とかのキーワードでいらしてるんでしょうか?


相変わらずセカンドステージへの移行はいろんなイベントがあります。

 

やっぱり仕事に慣れるのと、結婚式準備と当日と、新婚旅行と、妊娠もどき…となかなかバタバタしておりました。

 

今はちょうど互いの実家や仕事先とも近いところへの引っ越しが決まったところです。



書くことはいーっぱいあるので少しずついきます。

それにしても自分で読み返しても当時はこんな認識だったんだーって思い出します。

自分で書いたのに…



旦那と出会うところからざっくりここまでの時間軸を整理すると



某 12月 旦那と出会いクリスマス前に付き合い始める

半年後 プロポーズ

その夏 入籍→同居

その秋 転職

その冬 結婚式

次の夏 ハネムー

で、 地元に引っ越し予定(お互い地元が近い)




みたいな感じですね。

すごいスピードで人生動いてます。



2人での生活も仕事もようやく慣れてきたかなって感じです。

ではではブログ更新再開です。

よろしくお願いいたします!

寿退社したい私 VS ひきとめたい企業・上司の気持ち【③結婚が決まってから転職まで】

◆転職先決まっていないのに「辞めます」◆
◆部署の次世代人員、将来の女性幹部候補を引き留めたい企業◆


転職が決まってから職場を辞める方が多数派でしょうか。

私は転職サイトをみはじめたくらいでもう上司に 辞めます と宣言してしまいました。


ちょっとした昇格をいただけることを教えていただいた時に、このタイミングに言うしかない!と

結婚すること、辞めようと思っていることを伝えました。


転職っていうより寿退社的なニュアンスで、円満にいきたかったんです。

職場の人たちはいい人ばかりだったから。

仕事内容は社会人経験として、とても良かったので後悔してませんし、たくさん勉強させてもらいました。
今でも感謝しています。


正直、前の記事に書いたみたいにすっきりと理由が整理できてたわけではありませんでした。
ホワイトな総合職でも新婚主婦には向かない…?【②結婚が決まってから転職まで】 - 女の2ndステージ


結婚が決まって、そのあとの暮らしを少しずつ想像し始めながら、

やっぱり、このままこの仕事をするのは違う

とすごく感じてました。


にほんブログ村 主婦日記ブログ アラサー主婦へ


誰でも辞めるというと引き止めに合うでしょう。


私も引き止められました。


部署の人員は十分ではなかったですし、

ベテラン、若手ばかりの構成で、

私は今後の中堅層として育てたい4年目社員という立ち位置です。


そして

会社としても

 働く女性、そして働く女性幹部を揃えたい

という考えもあったようで、


寿退社という理由だけではすんなり通りませんでした。


続きます。


ここまで読んでいただきありがとうございます。
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラサー主婦へ

続きを読む